ハト退治をして快適な暮らしを【いかに巣を作らせないかが大切】

鳴き声や糞害から守ります

ハト

巣を作らせない

ハトは近年、人間により近い生活圏で生活するようになっています。市街地に現れるようになったのは、人間が餌を与えるようになったり、道端に食べ物が落ちている環境が増えたことなどが原因です。ハトの害といえば、糞害です。糞や羽毛には人間に害のある病原菌が多く含まれています。糞害を放置していると病気やアレルギーを引き起こす原因になります。ハトは他の鳥よりも糞を多くするため、より深刻です。ハトは鳥獣保護法という法律に守られています。ハト退治として、巣や卵を移動させることや衰弱させたり、威嚇することは禁止です。もちろん殺してはいけません。守らなければ一年以下の懲役や100万円以下の罰金が課せられることになります。そのため、いかに巣を作らせないかが大切になります。ハトには帰巣本能があり、一度巣を作るとそこへ帰ってくるようになります。一度追い払ってもまた戻ってきてしまうので、ハト退治は容易ではありません。ハトは安心できる場所や居心地のよい場所と認識すると巣を作ります。天敵から狙われにくいベランダやビルの屋上などに巣を作るようです。自分でできるハト退治としては、鳩よけネット、剣山、忌避剤などがあります。鳩よけネットは手軽に侵入を防ぐことができますが、景観を損ねるというデメリットがあります。剣山もハトが気にいった場所の場合、剣山の上に留まってしまうようです。忌避剤はハトの嫌がる臭いや味の成分の薬品ですが、直接かけると鳥獣保護法の違反となります。巣を作ってしまった場合や自分で上手く対策できない場合は、ハト退治の業者に頼みます。巣の撤去だけでなく、糞の掃除やネットはりなど様々に対応してくれます。