ハト退治をして快適な暮らしを【いかに巣を作らせないかが大切】

安全に行う方法

蜂

覚えておきたいこと

やむを得ずスズメバチ駆除を自分たちでやらなければいけないのであれば、必ず守りたいことがいくつかあります。中でもスズメバチ駆除をする時間帯が大切で、これによって危険性がかなり違ってきます。スズメバチ駆除を行うと良いとされているのが夕方から夜にかけてで、昼間と比較すると活動量が大幅に減ります。さらに夕方になると巣の外に出ていたスズメバチも戻って来ているので、一網打尽にできます。次に身につけるものの色に関してですが、できるだけ全身を白で統一しておくのが無難です。間違っても黒や赤や黄色は避けておきたいところで、これはスズメバチを刺激する色なので気をつけたいです。加えて髪の毛や目の色が黒色だと狙われやすくなるので、白いタオルを巻いたりゴーグルをつけたりしておくと良いです。体を守るためにはスズメバチ駆除用の防護服があれば一番良いですが、なければ白いカッパを着ておくのも良い方法です。しかし刺された時にスズメバチの針が皮膚に届く可能性があるため、カッパの中には厚手の服を何枚か重ね着しておくと比較的安心です。それ以外にも首元や手首足首などから侵入されやすいため、ガムテープでしっかりと塞いでおきましょう。そしていよいよスズメバチ駆除ですが、大きめのゴミ袋を巣に被せた状態で、中に殺虫剤を撒きます。その瞬間スズメバチが出てきますが、怖いからとゴミ袋を離して逃げると追いかけられて余計に危険です。大人しくなるまでじっと我慢するのがポイントです。