ハト退治をして快適な暮らしを【いかに巣を作らせないかが大切】

安全な害虫駆除を学ぼう

作業員

害虫を安全に倒す方法

害虫は大別すると醜悪な外観をもつ品種と、刺したり噛んだりすることで痛みや病気の媒介といった実害をもたらす品種が存在します。害虫の中でもハチは毒を持つ鋭い針で刺すことから危険性が高い品種と扱われ、害虫駆除の依頼でも常に上位を占めます。また、ハチは巣別れによって複数の個体がまとめて飛来することもあるので、安易に接触すると甚大な被害に見舞われる危険もあります。ハチ退治は敷地内の安全を守るために不可欠な作業ですが、その一方で市販の殺虫剤はハチに効きにくい傾向があります。また、ハチは狙った相手を執拗に追い回す修正があるので、素人では安全に退治出来ません。専門業者に退治してもらうのが最も安全な方法ですが、ハチの巣の規模や個体数によっては費用が高額になる可能性があるので事前に確認しておく必要があります。自分でハチ退治を行う場合、薬剤の散布よりも捕獲用の罠を設置するのが怪我をせずに個体を減らす最適な方法です。ハチが好む匂いを出す薬剤やジュースなどの飲料水をセットした捕獲容器を複数設置することで効果的に危険な個体を退治することが可能です。ハチが活発に動き回る晩春から初秋にかけて罠を設置し続けることでより高い効果を得ることが出来ます。また、甘い蜜を出す花を咲かせる雑草を刈り取るのがハチを近づけない工夫の一つです。遮蔽物になる草むらを取り除くことで見晴らしが良くなり、大きな巣が作られるのを防ぐことが出来ます。